エンゲージメントの相談【利用状況を確認しておこう】

社員の愛社精神を高める

Business

社会貢献という目的が重要

企業にとって従業員のエンゲージメントはとても大切です。エンゲージメントは従業員が企業に所属していることについて満足しているという状況ではなく、企業へ積極的に奉仕する気持ちを持つことです。また企業の方も従業員に報いるという双方のパートナーシップによって成り立っています。このような関係の中でエンゲージメントは成立し、企業の業績はアップします。このようなエンゲージメントが成立している企業では従業員のモチベーションがとても高いのが特徴です。例えば製品を生み出す製造工程での従業員の働き方が積極的になり、瑕疵を見つけたりする能力が高くなります。そうすることによって自社の製品についてプライドを共有することになるのです。このようなエンゲージメントを高めるために経営者がやるべきことは、企業の社会的な目的を明確にすることです。一企業の利益を追求するだけでなく、社会に貢献しているという目的意識を従業員が持つことによってエンゲージメントを高めることができるのです。それが自分の所属している企業への愛社精神やプライドにつながるわけです。また従業員1人ひとりに責任を持たせることも大切です。何もかも上層部が管理するのではなく、従業員自らに責任を持たせると自分の課題として仕事に取り組むようになります。それによって責任感や使命感を持つことができ、従業員のエンゲージメントを高めることができます。企業側も自らそのような従業員を評価することが大事で、それによって両者のパートナーシップがより良くなります。

Copyright© 2018 エンゲージメントの相談【利用状況を確認しておこう】 All Rights Reserved.