エンゲージメントの相談【利用状況を確認しておこう】

企業戦略に必要です

オフィス

繋がりという意味

最近よく使われるようななったエンゲージメントの意味合いとして、つながりが挙げられます。もともとは英語に由来する用語ではあり、また、直訳した意味ではありませんので、時には、きずな、愛着などと訳されることもあるようです。エンゲージメントは主として、「ある対象に対して関与している度合い」を計測する際に使用されており、例えば、企業が提供している、商品やブランドの顧客への浸透度などを調査する時にも利用されます。エンゲージメント」というと、以前は、企業と従業員の関係性をあらわす、「従業員エンゲージメント」が一般的でしたが、ソーシャルメディアの普及に伴い、現在は企業と顧客の関係性を示す「顧客エンゲージメント」としても広く使われるようになっています。このように、ソーシャルメディアの普及によってエンゲージメントも注目を集めるようになりましたが、いまやウエブマーケティングにはなくてはならない存在になっています。実際にマーケティングで利用している企業も少なくありません。マーケティングの世界でエンゲージメントという言葉が使用されるようになったのは、SNSの中でも人気のあるTwitterが普及しはじめたころからとされています。ソーシャルメディア特有の特徴である、双方向のコミュニケーション機能やその拡散状況の可視化により、顧客の企業やブランドへの興味度を計測しやすくなったのです。今後もエンゲージメントを利用する企業は増えてくることが予想されます。

Copyright© 2018 エンゲージメントの相談【利用状況を確認しておこう】 All Rights Reserved.