エンゲージメントの相談【利用状況を確認しておこう】

相互のよい関係

社内

基本的な知識とは

近年、社員満足度などの言葉にかえて、エンゲージメントという言葉が使われるようになってきています。エンゲージメントとは、会社と社員が相互によい関係になっていることをさします。社員満足度や従業員満足度という言葉では、会社が社員や従業員にどの程度満足を与えているかという一方通行の指標しか図れませんでした。そのため、社員満足度や従業員満足度の結果をふまえて改善をはかったとしても、社員は与えられることを当然と思ってしまい、会社としての成長につながらないというデメリットがありました。エンゲージメントでは、会社から与えるものを社員がどう受け止めて、どのように会社に貢献しようとしているかをはかります。社員や従業員の自発的な貢献意識が生まれることで、会社と社員がさながら婚約状態にあるような理想的な状態となり、会社の成長に結びつきやすくなります。エンゲージメントをはかる調査は、社員満足度の調査と似ていますが、内容が異なります。「自分から会社に貢献したいと思うか」といったような内容の設問が多くなります。また、分析するときの見方もエンゲージメント独特のものとなります。そのため、エンゲージメントをはかろうと思ったら、専門の会社に依頼するのがおすすめです。専門会社に依頼するときは、アンケートの内容だけでなく、分析がどれくらい的確かをチェックしましょう。分析については中庸を求める日本人ならではの視点を導入しているところの方が的確な結果となりやすいです。

Copyright© 2018 エンゲージメントの相談【利用状況を確認しておこう】 All Rights Reserved.