エンゲージメントの相談【利用状況を確認しておこう】

企業に必要な愛社精神

PC

エンゲージメントというのは愛社精神のことで、これが育っている会社は業績も伸びています。例えば消費者に商品を製造販売している企業にとって、エンゲージメントのある従業員がたくさんいるとモチベーションが高くなります。少しでも良い商品を販売しようとして努力します。その結果、企業の業績も上がることになります。

詳しく見る

相互のよい関係

社内

エンゲージメントとは、会社と社員が相互によい影響を与えあうよい関係のことをさします。社員満足度と異なり、相互の関係性を見るのが大きな特徴です。調べるときは専門会社に依頼すべきですが、分析が的確かもポイントとなります。

詳しく見る

社員の愛社精神を高める

Business

企業にとって従業員のエンゲージメントは大切です。これは従業員の単なる愛社精神ではなく、企業との双方向のパートナーシップです。従業員は自分の仕事にプライドを持ち、企業はそれを評価するという関係が業績アップにつながります。その関係を高めるには企業が社会に貢献しているという目的を明確にします。

詳しく見る

企業戦略に必要です

オフィス

顧客の企業やブランドへの興味度を計測するなど、ウエブマーケティングの戦略の一環として利用されるようになったのがエンゲージメントです。ソーシャルメディアの普及により、エンゲージメントも注目を集めるようになってきており、今後の動向に注目が集まります。

詳しく見る

社内研修の一つの例

PC操作

エンゲージメントを高めるための社内研修の方法を例に考えてみると、「介護技術研修」「利用者家族との意見交換会」「どんな研修をすればよいかを考える研修」などの方法があげられます。エンゲージメントを高めるには「喜びの共有」と「プロセス重視」をポイントにした研修なのです。

詳しく見る

自発的に育まれるように

ビジネス

スーパーに買い物にいくと

スーパーに買い物に行って日用品を購入したとき。自然といつも馴染みのメーカーの、馴染みの製品に手が伸びるという人は多いのではないでしょうか。「いつも購入していて安心だから」「子どもの頃から使っているので慣れている」など、そんな理由が心のどこかにあるという人も多いものです。これが消費者が企業等に抱く信頼感、エンゲージメントというものです。企業と消費者の間にエンゲージメントが構築できれば、企業は安定した売り上げを期待できます。そしてエンゲージメント構築のメリットは消費者とだけではなく、従業員との間に構築できると、さらなるメリットが期待できます。「従業員エンゲージメント」という言葉もあります。従業員満足度とは異なり、授業員自身が愛社精神・モチベーションをもって働けるということを意味します。この関係が構築できれば、従業員個々が持つ力を存分に発揮させることができ、業績向上にも効果が期待できるのです。ただ、雇用主や上司が「エンゲージメントを持て」と命令したとしても、これは無意味ですし、逆効果になりかねません。愛社精神などは命令されたから持つのではなく、自発的に心の中に生まれてくることに意味があるからです。そうなるためには、雇用主たちは、働きやすい環境、職員個々の努力や成績を公平に評価すること、安易な批判をするのではなく肯定することを意識すること、従業員が意見を言いやすい雰囲気をつくることなどが重要です。働きやすい環境作りは、オフィスコーヒーを設置してみたり、オフィス内の内装を少し変えたりするだけでも作ることができます。そんなに難しいことばかりではないので、できることから始めてみるのもいいでしょう。なにはともあれ、一度、自分自身のエンゲージメントを意識してみると色々なものが見えてくるのかもしれませんね。

Copyright© 2018 エンゲージメントの相談【利用状況を確認しておこう】 All Rights Reserved.